60周年のカンヌ ラインアップ2007年05月04日 03時00分00秒

5月16日から開かれる、今年のカンヌ国際映画祭は、60回記念大会。
ということで、先日発表されたラインナップもかなり気合の入ったセレクション、のよう。実際見るまではわからないけど、少なくとも、監督の顔ぶれとしては錚々たるもの。

パルムドール(最高賞)を競う、コンペティション部門の22本はこちら。


1)ウォン・カーウァイ「My Blueberry Nights」 - 香港
(オープニング作品)
2)ファティ・アキン「On the Other Side」 - ドイツ
3)ジョエル&イーサン・コーエン「No Country for Old Men」 - 米国
4)デヴィッド・フィンチャー「Zodiac」- 米国
5)ジェームス・グレイ「We Own the Night」- 米国
6)河瀬直美「殯の森(もがりのもり)」 - 日本
7)エミール・クストリッツァ「Promise Me This」 - セルビア
8)イ・チャンドン 「Secret Sunshine」 (密陽)- 韓国
9)キム・ギドク「Breath」(息)- 韓国
10)クリスチャン・ムンギウ「4 Months 3 Weeks ans 2 Days」 - ルーマニア
11)ラファエル・ナジャリ「Tehilim」 - フランス
12)カルロス・レイガダス「Silent Light」 - メキシコ
13)Marjane Satrapi、Vincent Paronnaud 「Persepolis」 - イラン・フランス
14)Ulrich Seidl 「Import Export」 - オーストリア
15)アレクサンドル・ソクーロフ「Alexandra」- ロシア
16)クエンティン・タランティーノ「デス・プルーフ(Death Proof)」- 米国
17)ベラ・タール「The Man From London」 - ハンガリー
18)ガス・ヴァン・サント「Paranoid Park」- 米国
19)アンドレイ・ズビャギンツェフ 「The Banishment」 - ロシア
20)クリストフ・オノレ「Les Chansons d’our」 - フランス
21)カトリーヌ・ブレイヤ「Une Vieille Maitresse」- フランス
22)ジュリアン・シュナーベル 「The Diving Bell and the Butterfly」- フランス

去年、審査委員長を務めたウォン・カーウァイはオープニングを飾るだけでなく、さらに記念ポスターにも顔を出すという、かなりの特別待遇。初の英語作品だし、注目度はピカイチ。


この他に、『オーシャンズ13』(カンヌだよ!全員集合)、ウィンターボトムの『マイティハート』、マイケル・ムーアの『シッコ』が特別上映され、
スコセッシが、60周年記念の特別講演をする予定。
http://www.festival-cannes.com/index.php/en




ということで、今年もカンヌに行く予定。
でも希望のANAのフライトが取れず、キャンセル待ちだよ・・・おい。
スイスエアーでチューリヒ経由になりそう。

コメント

_ マヤ ― 2007年05月09日 13時26分34秒

そうそう、GWあけるとすぐですよねー
気をつけていってきてくださいませ
ゆま先生にもよろしくお伝えください!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

_ パルムドール! - 2007年05月23日 15時43分32秒

河瀬直美監督、主演、尾野真千子の映画「殯の森」(もがりのもり)がカンヌ映画祭でパルムドールを....

_ 殯の森 - 2007年05月23日 15時51分15秒

カンヌ映画祭でパルムドール候補にあがっている河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」。カンヌで栄冠に輝いた...