週刊文春に再々デビュー2008年12月31日 02時57分56秒

現在発売中の週刊文春(新年特大号・牛さんの表紙)に、
偉大なるクリント・イーストウッドの記事を書きました。
以前、カンヌでインタビューしたときのものです。


実は文春さんには、以前、アラフォーライターとして(苦笑)、
コメントを出したり、カンヌで撮った写真を使っていただいたり
したのですが、実際に原稿を書いたのは初めて。
3度目の正直ですな。


尊敬する小林信彦、近田春夫両氏と同じ誌面に書かせていただいて、
いやはや大変恐縮ですよ!
さらに溺愛する大橋のぞみちゃんとも同じ号ですよ!


ちなみに急きょ広告が入ったためで、
映画好きの方にはややあっさりした内容かな。
編集さんが、「笑っちゃう広告が入ってますが」と
恐縮してましたが、今日見たら読者層にはぴったりな
薄毛クリニックの広告でした。
こんなことなら、イーストウッドが話していた髪の毛ネタも入れればよかった、と思いましたよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック