感傷的な冒険・・・?2006年12月30日 01時15分03秒

以前の日記に書いた、クリント・イーストウッドの隠れた傑作『センチメンタル・アドベンチャー』が、今夜2時30分からフジテレビで放映されます。『硫黄島からの手紙』を見た人、もしくはこれから見る予定のある人には、ぜひ見ることをお勧め。無理にとは言いませんが。

パンフにも書いたけど、この映画でのイーストウッドの登場の仕方や、甥(演じてるのは実の息子カイル・イーストウッド)との擬似親子の関係が、『硫黄島からの手紙』と相似形をなしていて、興味深いです。
ま、なんだかんだ言っても、単純に一番好きなイーストウッド映画なんだ。て、『セロリ』かよ。

それにしても、すごい邦題だよなあ。
原題は Honkytonk Man.
安酒場で歌う流しのカントリー歌手のことで、イーストウッドがそんなに上手じゃないけど、味のある声を聞かせます。
切ない話ではあるが、基調としてはコミカルなロードムービーなので、年末の深夜映画としててもいいチョイス。

ということで、年賀状作りに取りかかろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック