カンヌから帰国しました2008年06月01日 00時22分35秒

カンヌの野外上映会場
27日の夜にソウル経由で帰ってきました。
無事帰国・・・かな、一応。
でもカンヌでの『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』試写のときに、
あわてて会場前ですっころび、ひざがずる向け。
いまだに、ちょっと痛みます。



今回、カンヌ-パリ間は、TGVで移動。
カンヌからパリのCDG空港へは、フランスの新幹線TGVで5時間半。
CDGからソウルへは9時間半、ソウルから成田は2時間。
いやあ、疲れた。安上がりにするのも大変だ。


写真は、ビーチでの野外上映会場。
今年は毎晩、『ダーティハリー』をはじめ、
今年85周年を迎えるワーナーの名作が上映されてました。
もちろんタダ。


大変なことも多かったし、映画のレベルも例年よりやや低めの
カンヌでしたが、とっても素晴らしいことも。
あのひとに会ったのだ!
この仕事をやってて本当によかったと思える瞬間でしたな。


こぼれ話などはおいおい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック