2005年末、修行の旅2005年12月24日 15時03分56秒

ANAのサイトにアクセスするたびに表示される、「来年度ブロンズ間近です」、という言葉にのせられ、初めて「修行」の旅を決行した。正味22時間弱の沖縄の旅です。

知らない方のために説明すると、修行とは、マイルを稼ぐためや、エアの上級会員になるためだけに、飛行機に乗ることをさします。ANAのブロンズ会員は最低ランクでラウンジ使用などの特典はないけど、アップグレード券が2枚もらえる。2枚あれば国際線の片道をビジネスにUPすることも可能。来年のカンヌ行きを考え、ここでみすみす逃すのは惜しいと思ったのだ。必要なプラチナポイント(これはマイルとは別計算)は約2000ポイント。 九州か沖縄にあと1度行けば達成できる計算だ。
でも、あまり高額な旅行になっては、意味がない。そこで25日までANAが実施している、いっしょにマイル割りを利用することにした。これは一人がマイルを使ってタダ旅行すると、一緒に行く人は国内どこでも往復20600円でいけるというキャンペーン。詳しくはこちら。
https://www.ana.co.jp/dom/fare/issyoni/index.html

以前も使ったことがあるんだけど、沖縄に関しては超割やバースデー割よりお得なシステムなので、これは結構オススメです。
ちなみに私がマイルを使ってしまうとポイントを加算できないので、そこで海外出張が多くマイルがあまってそうな友人を誘って旅行でもと思ったのだが、キャリア組の彼女はマイルはあっても暇がない。そこでやはりマイル長者であるジャッキーに付き合ってもらうことにしたが、やつも年末は忙しく、休みは木曜のみ。そこで水曜夜から木曜にかけて短い旅をすることになったというわけである。
(しかしこの前日、一緒に韓国料理を食べに行ったCさんも、マイルが余っていたということが判明。彼女を誘えばもう少しゆっくり旅が出来たのに・・・残念!)

21日、取材1件と打ち合わせ3件をこなしてから(この日に限って普段より忙しかった)、夜19時過ぎに羽田でジャッキーと合流。空港でうどんをかっこみ、20:05羽田発の最終便に乗り、那覇へ。強風のせいで到着したのは、予定より遅い23時20分。
なんとか最終のゆいレール(沖縄初のモノレール)に滑り込み、予約したおもろまち駅前のビジネスホテルLにチェックインしたのは24時。なにせ修行の旅だから、予算は出来るだけ抑え目にしたい。年末年始は何かと物入りだしね、と常套句をつぶやいてみる。でもさ、一応家庭人でもあるので、これって本音なわけよ。大晦日はおいしいシャンパンくらい飲みたいし、年始参りに持ってくお菓子とか、お年玉とかね。まあ、どれも義務ではなく、自分が好きでやっているわけだが。

というわけでホテルもオープンキャンペーンで格安プランを出しているところにした。全室高速ネット接続できるというのも、大きな決め手。年末で仕事を山ほど抱えているので、ビジホで原稿書きをするという寸法である。ほんと、何やってんだか。

ここは1室二人で6900円と格安。先月オープンしたばかりなので、部屋もきれいだし、約20平米あり、ビジホにしては広いほうだと思う。(パリで泊まったホテルは、300ユーロ近くしたけど広さは大差なかったからな)
チェックインしたあとは、ホテル近くのコンビニでおにぎりとオリオンビールを買い込み、部屋で夜食を取る。ジャッキーは近所の朝までやってる居酒屋に行きたかったようだが、こちとら原稿書かなきゃならんからね。
でも沖縄限定の油味噌おにぎりは、いつ食べでもおいしいから、コンビニ飯も、沖縄では楽しい。
お腹も落ち着いたところで、AFNを見ながら原稿書きを始める。この間の『プロミス」北京取材ネタやら、新作映画のタイトル案だしやら(私は元宣伝マンなので、今でもこの手のお仕事もしてます)、すべてをメールし終わったのが、明け方4時ごろ。ようやくベッドに入るも、このところの寒波の影響か、沖縄も台風並みの強風で、うるさくて寝付けない。結局、2時間くらいしか眠れず・・・。

2005年末、修行の旅 その22005年12月24日 16時05分40秒


翌22日は、1日レンタカーでぶらぶら。車はあらかじめ予約してあった、ホテル斜め前にあるDFSのレンタカー・デポ内にある、エックスレンタカーで借りる。1日借りても、保険込で3675円。安い。
しかし寒い。沖縄なのに10度だよ。12月の最低記録らしい。
写真は高波で大荒れの、万座の海。お昼は万座全日空でランチ。これも、以前もらったクーポン利用でタダ(笑)。その後、かねひでとサンエーに寄り(どちらも沖縄ではメジャーなスーパー)、沖縄食材をちょこまか買い込み(特に沖縄かまぼこが好き)、レンタカーを返して軽い夕飯ののち、20時半には空港到着。
ジャッキーはゆいレールを降りた途端、猛ダッシュ。飛行機はまだまだ間に合うが、やつは空港売店に行くという野望があった。しかし、すでに閉店。がっかりしながら、チェックインするもの、ゲート前にある小さな売店でお目当てのものを発見。全日空売店限定のいわゆる食玩である。どんな食玩かについては、後日説明するとして、私は旅のしめの恒例、オリオン生を飲み(これもクーポンでタダ)、21:15発の最終便で羽田に向かう。帰りは追い風であっという間。23:15ごろには、無事に羽田に到着。

翌日、ANAのサイトで確認すると、無事ブロンズ達成。それにしても、私ってどこまでも貧乏性だなあ。
われながら大庶民である。